スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕木門 木工事完了

まことに参りましたことに、ノートPCが故障してしまいデスクトップPCでの現状復帰に少し手間取っております。

ケガとPCは手前持ち(本来は弁当)なんていいますが、
やはり使い慣れた環境からの移行は骨が折れます。

さいわい、直近のデータまではバックアップをとってありましたのでその辺の話題を。

腕木門の新築工事は木工事が完了いたしましたので、現場の親方に後を引き継いでいただきました。
屋根工事はまだですが、一文字瓦と銅板の腰葺きということで仕上がりについては私も楽しみなところです。
ということで、あおりで一枚。

P1000413.jpg

門となると、機能もさることながら「見た目」もけっこう大事な要素です。
材料。
大きさ。
木割(寸法比率)。
どれをとっても、大いに頭をかかえるところです。

材料転がしてみては
…うーむ。

挽いてみては
…うーむ。

墨つけてみては
…うーむ。

できあがりをみて
…ほほー。


※「ほほー」には、別段深い意味はありません。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。