スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技能検定

ご無沙汰いたしております。
ようやく、寒さが和らいできて着込む作業着の枚数も一枚減りました。

先週末、1級大工技能士検定試験を受験してきました。
1級建築大工技能士検定
実技試験課題「振れ隅木」

そもそも、技能検定とは「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」というものでして、大工のみならず家具、建具、石工、左官、金属加工やお菓子、みそ製造なんてのもあるのです。

ただ、「検定」ですので建築士などの「資格」に比べると、意義を感じにくい部分もあります。
建築現場においては、公共建築工事で「1級技能士現場常駐制度」というものがあり、常駐の義務があるので活用の道もなくはありません。
「公共建築物木材利用促進法」など公共建築物が木造化なんて話もありますから、もしかしたらこれから必要性も生まれてくるやも...。

結果は来月発表なので、いまはただ待つばかりです。

Comment

お疲れ様ー(>_<)
みよから裏話を全て聞いたよ(笑)

受かると良いね☆

Re: タイトルなし

>牧野。
お互いお疲れさん(゚Д゚)ノ
みんな、がんばっとるみたいだし、頑張らんなんねぇ。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。