スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕木門 木工事完了

まことに参りましたことに、ノートPCが故障してしまいデスクトップPCでの現状復帰に少し手間取っております。

ケガとPCは手前持ち(本来は弁当)なんていいますが、
やはり使い慣れた環境からの移行は骨が折れます。

さいわい、直近のデータまではバックアップをとってありましたのでその辺の話題を。

腕木門の新築工事は木工事が完了いたしましたので、現場の親方に後を引き継いでいただきました。
屋根工事はまだですが、一文字瓦と銅板の腰葺きということで仕上がりについては私も楽しみなところです。
ということで、あおりで一枚。

P1000413.jpg

門となると、機能もさることながら「見た目」もけっこう大事な要素です。
材料。
大きさ。
木割(寸法比率)。
どれをとっても、大いに頭をかかえるところです。

材料転がしてみては
…うーむ。

挽いてみては
…うーむ。

墨つけてみては
…うーむ。

できあがりをみて
…ほほー。


※「ほほー」には、別段深い意味はありません。






門 製作中

腕木門を製作中です。

現場は修善寺(伊豆)ということで、頭の中は温泉のことでいっぱいです。

それにしても暑い日が続いています。
強い雨降りの日もありましたが気温差15℃以上ともなると、体がついていきません...。

そんな私を他所に、加工場下の沢からカニが元気に応援に駆けつけてくれました。
P1000348s.jpg

つぶらな瞳がかわいらしいやつです。

祝お引越し

祝 お引越し

お施主さんが引っ越されて1週間。
現場の撤収そして残工事と少しバタバタとした1週間。

竣工!!

といっても
暮らしとともに、だんだん完成が近づいてるような、遠ざかってるような。

ようするに、
これからもっと良くなる!!

ってかんじなんですかね。



IMG_0400修正s

→続きを読む

実大実験ゾクゾク。

年始のご挨拶もせぬまま早くも寒の入りを迎え新年も半月が過ぎようとしています。
本年もこのような調子ですが、よろしくお願いいたします。
みなさま風邪等にはくれぐれもお気をつけください。
IMG_0317.jpg

さて、年明け早々この1月中は「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会による、実大震動台実験が毎週毎週、連チャンで行なわれており、まさに真っ最中です。

大なり小なり興味のある人ない人ありますが、ただこの実験
設計するための、方法論のための、検討をするためのもの
でありまして、まだまだこれからの進捗状況にご期待いただければと思います。

内容については、本家本元のHPほどわかりやすいものはないと思いますので、よろしければ右のバナーからたどってみてください。
神戸波(阪神淡路大震災)の加振はやはりいつ見ても衝撃的です。(記録映像

古民家解体

古民家の解体に行きました。

再度組み立てる予定なので、手順を追ってばらす必要があります。


IMG_0259s.jpg
要所の木栓を抜いて木組みをはずしていけば、材料を傷めることなく保存することができます。

また、民家解体の現場では、残された宝物?が眠っていることも...
コンセントs
今回の戦利品。
陶器製のコンセントボックス。

KIRINのビールジョッキ多数。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。